診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

ブログ

Blog

【新型コロナウイルス感染と歯科治療】


こんにちは、京王線芦花公園駅徒歩2分の歯医者、芦花パーク歯科の院長新保です。

メディアやSNSなどで、
『歯科治療は新型コロナウイルスの感染リスクが高いので危険である』
という情報が散見されます。
患者さんからもご心配の声をいただきます。

それは間違いではないと思います。
ですが、それは新型コロナウイルスに限ったことではなく、歯科治療は元来感染リスクが高いのです。
B型肝炎ウイルスなどが有名どころでしょうか。

そのため当院含め、各医院、多少の差はあるかとは思いますが、感染対策の努力されています。
あくまでも現時点での話ですが、その努力の結果(と思いたい)として、
全国で7万軒ほどの歯科医院があるにもかかわらず、歯科医院における集団感染は報告されていません。
もちろん今後発生する可能性は否定できません。

さて、ここまで読むと、
『コロナウイルスの感染が心配かもしれませんが、歯科医院は感染対策しているので、
治療にきてください』と考えているように感じるかと思いますが、実はそうではありません。

院内の換気や口腔外バキュームの使用など歯科医院として適切な対応をしていることで、
歯科医院での感染は防げるかもしれませんが、
コロナウイルス感染の終息には貢献できないと考えています。

今、行政や感染症の専門家などが終息のために口を揃えてお願いしているのは、
『外出の自粛』『人との接触機会を減らす』ことです。

 

そのため当院では、

・スタッフの出勤日を減らしています
実は、患者さんよりむしろ歯科医師、歯科衛生士のほうが感染リスクが高いと言われています。スタッフと相談し、出勤日を減らし、スタッフの外出と接触の機会を減らすようにしています。
(受付や電話対応などでお待たせしてしまうことがあるかもしれません、ご了承いただけますと幸いです。)

・ご予約の制限と調整をさせていただいています
待合室での患者さん同士の接触を減らすために、通常より余裕を持って、
ご予約を入れております。
また患者さんの外出機会を減らすために、次回予約の時期に関してもご相談の上調整させていただいています。

・急患を受け入れます
ご予約を制限している分、痛みや詰め物が取れて噛みにくくなってしまった場合などの
緊急な場合の対応が可能です。
感染発症しないためには、免疫力を高めることが大事ですので、十分に食事ができることも
拡大防止には重要だと考えます。
(電車などでの移動が必要な歯科医院に通院されている方の応急処置なども承ります。)

 

最後に定期検診とメンテナンスに関してです。
『不要不急なのでは?』と言われると、特に不急の面で非常に難しいところです。
適切な間隔でメンテナンスをしないと全身状態に影響が出て、免疫が下がってしまうという考えもあります。
また『虫歯や歯周病は、そもそも痛みなく進行する疾患で、重症化するまで気づくことができません。ですので、定期的にチェックを受けましょう』と私たちはいつも提案しています。
『痛くないから問題ないのではない』とお伝えすることも多々あります。
つまり、本来検診やメンテナンスは、不要不急な治療を避けるために受けるものです。
軽症なうちに治療することで、結果的に通院回数(=外出回数)が減る可能性も大いにあるのです。

ですが、これも適切な歯科治療を受けることと、感染の終息への貢献とのバランスを考えなくてはなりません。
もし今コロナが心配でご予約を変更しようと悩んでいる方は、ご遠慮なくご連絡ください。
とりあえず5月にご予約を変更し、また状況に合わせてご予約を調整しましょう。

さて昨日(4/9)も、多くの新しい感染者が報告されています。
その方々が重症化しないで回復されること、感染拡大が早く終息することを心より願っております。
お互い、体調管理により一層気をつけて過ごしましょう。
長文失礼致しました。

 

芦花パーク歯科
院長 新保 仁