診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
電話アイコン
電話をかける

初めての方へ

First

First歯科医院選びって悩みませんか?

当院への受診をご検討いただきありがとうございます。

歯科医院選びってなかなか難しいですよね。
どこの医院も違う気がするけど、どう違うかわからない…

これは実際に歯科医院に勤めている私たちも同じです。
家族や友人、親戚から『どこの歯医者がいいと思う?』とよく聞かれます。
また患者さんからも『今度引っ越すけど、そのあたりでいい歯医者を教えてほしい』と聞かれることがありますが、知り合いの先生がいない場合は、正直わかりません。

そんなときには、自分なりの歯科医院の見つけ方をお伝えしています。
是非参考になさってください。

こんな歯科医院がいいかも?

患者さんとのコミュニケーションを大切にしている

治療に関しての要望を聞いてくれることは非常に大切だと思います。またそれだけでなく、なんでも気兼ねなく話せると、通院の不安なども多少は和らぐかもしれません。
最近あった楽しかったこと、好きな食べ物のこと、体調のこと、何かの愚痴、治療に対しての疑問などなど、楽しくお話できる医院は通いやすいと思います。

痛みのない、または少ない処置を心がけている

歯科治療は痛みを伴うことが非常に多いです。
針を刺す浸潤麻酔だけでなく、表面麻酔を使うなど、極力痛みがないような工夫をされていると安心できると思います。

CTや顕微鏡などの設備が充実している

『見えないものは、ないものと同じ』です。ですので、CTや顕微鏡を使うことで見えるようにすることはとても大事だと考えています。原因の特定や、治療法の決定にとても役に立ちます。 もちろんないとダメというわけではありません。提携している医院で、CT撮影を依頼する医院もあります。

器具の消毒滅菌などの感染対策をしっかり行っている

残念ながら、歯科業界はこの分野に対しての認識がまだ十分ではありません。
しっかり行なっている医院は、安心できます。

検査の記録をきちんと管理し、すぐに比較検証できるようにしている

実は、一回の検査だけではそれが進行中かそれとも進行が停止しているものかは判断が難しいです。ですので、レントゲンやお口の中の写真、むし歯の検査結果などをきちんと管理して、比較できるようにしておくと、不必要な治療を防げる可能性があります。

歯科医師の腕

実は非常にわかりづらいです。治療結果というのは、長い年月をかけて評価されます。
本当に腕が良かったかどうかは、治療中よりも、治療後にわかるのかもしれません。
ですが、患者さんの扱いが雑で乱暴な場合は、治療中にもわかります。その場合は、通うのが嫌になってしまいます。また怒る先生も怖いですね。

いかがですか?実はこれらは当院で大事にしていることです。もし共感されるようでしたら、是非当院にお越しください。
スタッフ一同お待ちしております。

Flow診療の流れ

1.診療予約
まずはお電話、webからご予約をお願いいたします。
ご連絡いただくことで、スムーズに診療が受けられます。
直接お越しいただいた場合も対応いたしますが、予約の患者さんが優先のため、お待たせしてしまうことをご了承ください。
2.初診受付
ご来院いただき、初診受付を行います。
問診票の記入、保険証の確認、カルテの作成など診療室に入る前にいくつか手続きがあります。診療時間を十分に確保するためにも、15分ほど早めにお越しください。
3.問診・検査
問診票の内容の確認と、現在の症状について具体的にお話を伺います。
また気になっている部位のレントゲン撮影などの検査を行います。
検診をご希望の方は、全体の検査を最初に行います。
4.応急処置
痛みなどがある場合は、現在の痛みの原因について説明し、まずは痛みを取り除く処置を最優先に行います。
5.全体の検査
応急処置後に、当日または次回来院時にお口全体の検査を行います。
6.治療計画の相談
検査結果と当院の方針をご説明します。
治療のご要望をお聞きし、治療計画に反映させますので、よく相談しましょう。
7.治療
治療計画に沿って、治療を進めていきます。
状況に応じて計画が変更になる場合もございますが、その際は必ず説明いたします。
8.メンテナンス
治療終了後はメンテナンスへ移行します。
歯を大切にするためには、治療だけでは不十分です。
メンテナンスをきちんとすることで、再治療が減り、結果的に通院回数や費用、通院にかかる時間なども減らすことができます。是非継続してください。